ホワイピュアの肝斑に対する効果はあるのでしょうか?

ふちがぼんやりとしていて広範囲に広がる左右対称のシミ・それが肝斑(かんぱん)です。

 

肝斑は、人から見てもはっきりシミと認識されてしまうようなしっかりした濃さである事が多いです。頬の両側に頬骨に沿ってできることもあれば、頬、鼻の下、額やこめかみとできる範囲も人それぞれです。

 

30代以降の女性や、妊娠初期にできやすく妊娠斑とも呼ばれています。女性ホルモンとの関わりが大きいとされていて、紫外線や強いストレスによって増えてしまうため、肝斑でお悩みの女性は多いです。

 

シミ・そばかすに飲んで効くホワイピュアは、肝斑にも改善効果があるのでしょうか?…結論から言うと、残念ながらホワイピュアは肝斑には効果がないとされています。

 

>> ホワイピュアの詳細はこちら

 

 

ホワイピュアは肝斑に効果がない!?

 

本当に効果がないのか? 肝斑もシミの一種であるはずなのになぜ効かないのか? と言った疑問に答えていきたいと思います。

 

シミやそばかすの改善に効果的なホワイピュアですが、肝斑には効果がないとされています。

 

実際に、ホワイピュアの窓口に肝斑への効果を問い合わせをした人が、肝斑には対応していない旨の回答をされた前例もあります。

 

肝斑もシミの一種なのになんで効かないの?

 

なぜ肝斑には効果がないのかと言うと、実は通常のシミと肝斑は原因も治療法も全く異なるからです。

 

通常のシミにはメラニン生成を制御するビタミンCと肌のターンオーバーを整えるL−システイン、2つの成分をあわせて摂る事によって改善が期待できます。ビタミンCもL−システインも、ホワイピュアにはたっぷりと含まれています。

 

内服薬の場合、肝斑はトラネキサム酸という成分を摂るのが効果的だと言われていますが、ホワイピュアにはトラネキサム酸には含まれていません。

 

そのため、ホワイピュアは通常のシミ・そばかすには効果があるけれど、肝斑には効果がないとされているのです。

 

肝斑に悩んでいる人がホワイピュアを使った場合は?

 

ホワイピュアは肝斑への有効成分が含まれていないため、本来肝斑への効果はありません。しかし、ネットでの口コミを見ていると、肝斑に効果があった!? という意見を見る事があります。

 

肌に透明感が出てきて肝斑が気にならなくなった、くすみが消えて肌が明るくなり肝斑が薄くなった気がする、中には肝斑が薄くなったという意見まで…!

 

なぜ効果があったかのように感じられたかというと、考えられる理由はいくつかあります。

 

ホワイピュアにはくすみ等の色素沈着を改善する効果もあるため、肌全体の色素沈着が薄くなる事によって肝斑周りのくすみも取れ明るくなったということ。それと、左右対称にできていたため肝斑と思い込んでいたけど、実際は肝斑ではなくて普通のシミやそばかすだったということもあります。

 

お医者様の判断ではなく自己判断だと、本当に肝斑なのか断定する事はできませんよね。輪郭がはっきりと縁取っているように見えるのが普通のシミ、輪郭がぼんやりしているのが肝斑の大きな特徴ですが、素人判断だと確実に見分けるのは難しいです。

 

  • 薄褐色の色素沈着
  •  

  • 広範囲に渡って左右対称に発生する
  •  

  • 場所は様々で、頬骨周辺、額、こめかみ、唇の上に現れる事が多い
  •  

  • 輪郭がはっきりとしていなくぼんやりとしている

 

以上が、肝斑の代表的な特徴です。当てはまるものが多ければ、そのシミは肝斑かもしれません。しかし、まれに通常のシミが左右対称に現れる事もあります。

 

自分のシミがもしかしたら肝斑かもしれない…と思ったら、お医者様にシミの種類を判断して貰う事によって今後の治療方針が決まりやすくなるかもしれません。

 

ホワイピュアは特に通常のシミやそばかすには大きな効果が期待できますので、シミの種類を把握して、適切な治療法で美しく透明感のあるお肌を手に入れてくださいね。

 

>> ホワイピュアの詳細はこちら

 

TOPへ